「眼精疲労」を良くするコツ

眼の疲れ「眼精疲労」を良くするコツはちょっとした合間でもよいので、使い過ぎている眼を休養させるのが大切です。パソコン等から眼を離し、眼を閉じて3分程度その状態を保ちます。

時折、両手で眼球を軽くマッサージするのも気持ちいいです。

一時間おきにこれを行うとかなり、疲れ目が回復します。眼精疲労がひどい時にはハンカチやタオルを水でしぼり、まぶたの上に乗せてもよく効きます。
目をぐるぐる動かすだけでも疲れが取れていきます。

現在ではドラッグストアはネット通販でコンタクトが簡単に購入できる時代です。その為に間違った使用方法により眼病になる人も増えています。

スマホやパソコンを長時間使用することで、目に疲労がたまったり、ドライアイの症状になる人も急に増加しています。

近くを凝視する時間が長いと筋肉がこわばってしまい、近視になる確率も上がります。
1時間たったら10分程度は目を休め、目のストレッチをすることで血液の流れを改善すると緩和されますよ!また、蒸しタオルなどを使って目を温めるのも非常に効果があります。
昨年夏に、白内障の手術をしました。アトピー性の白内障を発症しました。

手術当日は、待機室に入り目薬を何度かさします。

私は30代ですが、同じように手術を受ける人はほとんどが高齢者でした。手術の直前に麻酔のめぐすりをさし、手術台に横になり手術は始まります。痛みは全く感じませんでしたが、キーンという音が出るような高周波で濁った水晶体を砕く機械を使ったり、かわりのレンズを入れるときにグリグリとされたりするので、苦手だと感じる人はつらいかもしれません。片目ずつしか手術できないので、両目をやる際は期間が空きます。パソコンなどのデジタル端末を日常的に使う人がほとんどの昨今では、眼精疲労に悩む方が意外と多いと思います。眼精疲労になると充血やモノがかすんで見えるようになるだけでなく、頭痛や肩こり、吐き気なども引き起こします。このような症状に悩まされないためにも、十分な睡眠や、こまめに休憩を取って固まっている体をほぐす、自分の体を気にかけることが重要です。
目の病気である眼精疲労は、テレビやスマホ、PCで目を酷使する現在では、避けては通れない道だと思いますが、症状を軽くすることは可能です。スマホ、パソコンなどの画面をずっと見ていると体の筋肉がこわばって固まった状態になります。

そうすると眼精疲労になってしまい肩凝りにも?がるのです。緊張をほぐすためにストレッチを行ったり、画面を凝視し続けた後きょろきょろと見回すだけで変化があります。
デスクワークについてから目がより疲れるようになりました。
前職は販売職だった事からあまりパソコンにかじりつく作業はありませんでした。現在の仕事はパソコンへの入力や、資料の印刷など目を使うことが多いです。
首や肩にも痛みや張りを感じ、整体の先生から、それは眼精疲労からきているよと言われました。
休憩中は10分目を閉じるなど色々していますが毎日疲労の積み重ねです。パソコンを使う仕事をしており、近眼でもあるためすぐに目に疲れが出ます。

眼精疲労の症状を和らげるためには、蒸しタオルを使い目をこまめに温めたり、遠くを見たり、眼球運動をすることも良い効果があります。他に、眼精疲労は目だけが原因というよりも、姿勢の悪さで身体が歪みを起こしていたり肩こりにも関連するため、目だけではなく体全体の運動をして血流をよくすることが大切になってきます。

大切なのは、体全体のバランスを整えようとする意識です。子供が小学生だった頃させていたのは、ゲームのやった後に遠くの景色を見る事です。単に遠方の景色を見るだけではなく、山の緑の木一点を集中して見ます。ゲームによって長時間近づいていた目の焦点を目の焦点を遠くに移すことにより、目の緊張をほぐし疲れを取ります。
所要時間は数分程度です。木の自然の緑は、視力の疲労を回復します。

このようにして視力の低下を防ぎました。