ブルーベリーやルテインが効く

パソコンで長いことネット記事を読んでいると数年前まではどうもなかったのがここ最近は目の奥がずわぁんとして頭も痛くなるようになりました。眼科へ行っても病気などはなく眼精疲労に効く目薬を処方していただきました。
処方された目薬を使用しても、その時は良くなるもののPCを見ていると目が重くつらくなってきます。
困り果てて、目に良い物を調べていく毎日の中、サプリメントの存在を知りました。

ブルーベリーやルテインが効くとのことでそのサプリメントを飲んでいます。
子供が小学生の時にさせていたのですが、ゲームをした後に遠くを見ることです。
遠くの風景をぼーっと眺めるだけでなく緑の木を集中して見るようにします。ゲームによって長く近くにあった目の焦点を遠方にすることで目の周りの筋肉をほぐして疲労を取ります。5~10分くらいの時間です。自然にある緑の色は目の疲れを取るのに有効です。視力低下はこの方法で防ぎました。目の健康をキープするためには、自分の目に病気や問題がないか知る事が大切です。

私はコンタクトレンズを使っていますが、購入の際は毎回眼科検診を受けています。

検診では目の異常やトラブルがないか等をチェックしてもらえます。

また、度数の合っていないコンタクトを使用し装着することは、眼精疲労を引き起こしてしまうこともあります。

定期的に眼科検診を受けることで、目の健康に気をつけるようにしています。パソコンやスマホといったモバイルデバイスを、近頃日常的に使用する人が増え、眼精疲労に悩んでいる方は意外と多いと思います。

眼精疲労になると目の充血やかすみ目といった症状の他にも、頭が痛くなったり肩が凝ったり吐き気を起こすこともあります。

そうならないためにも睡眠を十分にとり、休憩をこまめに取ることで緊張状態にある体をほぐしてあげて、などに注意をして生活するのが重要です。近年、若い女性に人気のメイクアイテムとして、欠かせない物がカラーコンタクトです。

インパクトだけではなくナチュラル仕上げにも、今やカラコンは必須アイテムのようです。カラーコンタクトを使用する場合に目の乾燥が特に気になります。

通常よりもレンズが厚く酸素の透過率も悪いため、必ず着用時間を守りましょう。もともと視力が悪くない人も使うことがある為正しいお手入れの手順ではない不衛生な管理をしてしまうと、結膜炎などの症状が起こる場合があります。事前に注意をよく読んでから使用することが大切です。
“オフィスワークをはじめてから目がより疲れるようになりました。

前職は販売職だった事からPCに張り付いて作業することはほとんどありませんでした。
現職はパソコンの打ち込みや表や会議のまとめをして印刷したりとよく目を使います。首や肩にも痛みや張りを感じ、それは眼精疲労からきていると整体で言われました。仕事の休憩中に10分間目を閉じるなど色々試していますが毎日が疲労の積み重ねになります。

目を酷使し続けると視力の低下や目の充血、痛みといった症状がすぐ出てきますので対策が必要です。パソコンを使う際は1時間に一度は目を閉じて目を休める、温める、休めたり、目玉をグルグル回し、目の体操を行うと疲労が軽減できます。日頃からのケアとしては、ルテインやビルベリーが目に良いと言われるサプリメントに頼ることも目の健康の為には役立つと思います。元来視力が良い方なので、現在まで視力の健康について考えたことがなかったのですが、近頃PCやスマホ画面の見過ぎで目の疲れを覚えることが増えました。近いうちに老眼鏡が必要なお年頃ですが、できる限り今の視力を維持したいので、画面を長い間見続けることを止め、適当な時間ごとに、目を軽く閉じるようにしたり、遠くの景色を見るなど、心がけています。
簡単に出来ることばかりですが、これでも効果があるようです。