眼精疲労を感じてからでは遅い

最近はパソコンやスマホが広まり、毎日目を使い過ぎてしまいがちです。
知らず知らずのうちに眼精疲労に陥っている人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

そのままにしておくと視力低下の他に頭痛や肩こりなど全身の不調の原因になりえます。

女性ですと目の下の隈や血行不良など美容面でも気になるものです。
眼精疲労を感じてからでは遅いのです。
感じる前に目を休めることが重要なのです。
最近スマホをよく使うようになったのですが、長時間ゲームなどをしていると目がショボショボしてしまいます。

眼精疲労だということを知りました。
眼精疲労から肩こりや頭痛につながってしまうようです。
目がかゆくなった時の対処として、わたしは眼精疲労に利くツボを押しています。
ツボは清明という場所で、目頭と鼻の先の間を押さえるのですが、かすみ目などの違和感が取れる最も良い方法です。去年の夏、白内障の手術を受けました。

アトピー性で発症した白内障です。
当日は待機する部屋で何回か目薬をさします。私は30代ですが、同じように手術を受ける人はほとんどが高齢者でした。

直前には麻酔効果のある目薬を打ち、手術台に寝ると手術がはじまります。
まったく痛みは感じませんが、濁ったレンズを砕くための高周波の機械は高い音が鳴り響き、レンズの交換時には目玉をかき回されるので、苦手な人もいると思います。片目ずつしか手術できないので、両目をやる際は期間が空きます。

疲れ目の一つにパソコンやスマートフォンのLEDモニターから出ているブルーライトです。
そうしたガジェットを使う若者世代も目が疲れてしまうという悩みをよく耳にします。
簡単に早く治したいなら画面に「ブルーライトカットフィルター」を貼り「PCメガネ」を使用が効果的です。

私自身以前は眼精疲労に悩んでいましたが、この2つの方法のおかげで症状が大変良くなりました。現代はドラッグストアやインターネットを利用しコンタクトが簡単に購入できる時代です。

それゆえ思い違った使用方法で、目が病気になる方が増えてきましたね。
長い時間パソコンやスマートフォンを使用で、目の疲れやドライアイを引き起こしてしまう人も急増しています。近くの物を凝視しすぎると筋肉が固くなり近視の原因にもなります。
。1時間に10分くらいは目に休憩を与え、目をストレッチして、血液の流れを良くすると軽くなりますよ。

また、蒸しタオルなどで目を温めて血行をよくするのもとても効果的です。

眼精疲労を実感するのは長時間のPCの使用やパチンコを長時間してた時です。

最近の装飾の派手なパソコン台では特にですね。終わった後は目がとても疲れます。
コンタクトをしているので、眼が乾燥しているせいもあるのでしょう。
その際は眼科で処方された目薬を使用しています。これはスッキリ効果よりも目に潤いを与えるものだと思っています。それから顔を洗って、濡れたタオルで眼を覆って、濡れたタオルで目を覆うようにしています。
現代はPCやスマホは1人に一台。手軽にコンタクトも買えるために眼に関する悩みは目に関する悩みはだいぶ増えています。
またデスクワーク等の疲れ目の対策は1時間に1回10分程度の適度な眼の休息や温かいアイマスクの使用などが疲れ目に効果的です。

また、ブルーライトの光は脳を覚醒させるため、就寝直前まで見ているのはよい眠りの妨げとなります。

隙間時間を使った目のストレッチなどで対策をしましょう。私はトラックの運転手ですが、明らかに20代のころと今とでは目の見え方が全然違います。
当時は遠くにある看板もよく見えていましたが最近では遠くの看板はぼやけてしまいある程度近くによってこないと見えなくなりました。

なので運転中は目が疲れます。疲れ目対策としては、休憩や荷物待ちの時間に【温かくなるアイマスク】を使用しています。
これが目の疲労に効果があり心地良くなります。