私の疲れ目解消法は寝る前の30分にあります

どうしても、仕事でパソコンを一日中使うので、目は酷使しがちです。
朝起きた時に、目が昨日の疲れを引きずっているなんて時もありました。
そこで、このままでは、生活に支障をきたすと思い、本格的に目のケアを始めたのです。

温パック

長時間のパソコン作業でなりやすいショボショボの疲れ目は、眼球周辺の筋肉が血行不良になっている証拠。そこで、熱めのお湯でしぼったタオルで「温パック」をする事で、目の周りの血行を良くして、疲労をやわらげました。市販の温パックもありますが、タオルの方が効き目ありますね。しぼったタオルを電子レンジで温め目にのせるだけ。効果的です。

目薬

たくさんの目薬が市販されていますが、今までは、そのパッケージの文言や、見た目で選んでいました。そして使用するときにすーっとすれば効果が合ったように思えるだけで、実はあまり効果がないなんて事もありました。
そこで、その成分から調べ、自分の症状に合った目薬を使うようにしたのです。

私的には、PCの使用などから、ドライアイになっていましたので、防腐剤不使用の目薬を選択。
涙の量が少ないとき、水分を補うのに適した目薬。乾きやすい目の水分補給に、防腐剤不使用の目薬を使ってみたのです。

乾いた目は、目薬に含まれる防腐剤を洗い流す作用が弱いため、防腐剤が目の表面で固まり、角膜を傷つける恐れがあるそうで、防腐剤不使用のものにしました。

この防腐剤不使用は、開封後は冷蔵庫で保存し、一週間以内に使い切る必要がありますが、
実際、今までの目薬とは全く違う効果を発揮してくれました。

以上、温パックと目薬を寝る前には必ず行う事で、目の疲れは軽減してきています。
疲れ目にルテインサプリもおすすめです。
これからも目を大事にしていきたいです。